ケアマネジメント

居宅介護支援事業(ケアマネジメント)

居宅介護支援は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、ケアマネジャーが、利用者の心身の状況や置かれている環境に応じた介護サービスを利用するためのケアプランを作成し、そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡・調整を行います。居宅介護支援は、特定のサービスや事業者に偏ることがないよう、公正中立に行うこととされています。当事務所は就労支援、成年後見、高額医療、障害年金等、複雑な対応が必要な方のご支援もお受けしております。

※居宅介護支援事業(ケアマネジメント)とは、介護保険法に位置づけられた制度であり、「オフィスたいよう合同会社 西田ケアマネ事務所」が業務を行っております。

ケアプランの流れ

【STEP1】
アセスメント
ケアマネジャーが利用者宅を訪問し、利用者の心身の状況や生活環境などを把握し、課題を分析します。

arrow

【STEP2】
話し合い
ケアマネジャーと利用者・家族・サービス提供事業者で、利用者の自立支援に資するサービスの検討を行います。

arrow

【STEP3】
ケアプラン作成
課題や話し合いを基に、ケアマネジャーと一緒に利用するサービスの種類や回数を決め、サービス利用の手続きを行います。

arrow

【STEP4】
介護サービス利用スタート
サービス事業所と契約し、ケアプランに基づいてサービス利用がスタートします。

介護保険で利用できるサービス

訪問サービス

【訪問介護】 自宅等で、ホームヘルパーや介護福祉士による入浴、排泄、食事等の日常生活上の世話を受けるサービス
【訪問入浴介護】 自宅等で、簡易浴槽を使って入浴の介護を受けるサービス
【訪問看護】 自宅等で、看護師による療養上の世話や必要な診療の補助を受けるサービス
【訪問リハビリテーション】 自宅等で、理学療法士や作業療法士などによる理学療法、作業療法その他の必要なリハビリテーションを受けるサービス

通所サービス

【通所サービス(デイサービス)】 通所介護施設(デイサービスセンター)に通って、入浴、排泄、食事等の日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービス
【通所リハビリテーション(デイケア)】 通所リハビリテーション施設に通って、理学療法、作業療法その他の必要なリハビリテーションを受けるサービス

短期間の入所

【短期入所生活介護】 短期入所施設、特別養護老人ホーム等に短期間入所し、入浴、排泄、食事等の日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービス
【短期入所療養介護】 老人保健施設、介護療養型医療施設等に短期間入所し、看護、医学的管理のもとで介護、機能訓練、日常生活上の世話を受けるサービス

その他の居宅サービス

【居宅療養管理指導】 自宅等で、医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士等による療養上の管理や指導を受けるサービス
【特定施設入居者生活介護】 有料老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)等で、入浴、排泄食事等の日常生活上の世話、機能訓練、療養上の世話を受けるサービス
【福祉用具貸与】 自宅等で、車椅子、ベッド等の福祉用具の貸与を受けるサービス
【特定福祉用具購入費支給】 入浴、排泄等に使う福祉用具購入のサービス
・腰掛便座、入浴補助用具、自動排泄処理装置の交換可能部品
・簡易浴槽、移動用リフトのつり具の部分

その他の住宅サービス

【住宅改修支給】 手すりの取り付けや段差の解消など、住宅改修のサービス
・手すりの取り付け
・段差の解消
・滑りの防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
・引き戸等への扉の取替え
・様式便器等への便器の取替え
・その他上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

地域密着型サービス

【定期巡回・随時対応型訪問介護看護】 24時間安心して住宅生活がおくれよう、定期的な巡回訪問や随時通報により、日中・夜間を通じて、訪問介護や訪問看護を受けるサービス
【夜間対応訪問介護】 24時間安心して住宅生活がおくれよう、定期的な巡回訪問や随時通報により、夜間に、訪問介護を受けるサービス
【認知症対応型通所介護】 認知症の方が通所介護施設(デイサービスセンター)に通って、入浴、排泄、食事等の日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービス
【小規模多機能型居宅介護】 通いを中心に、利用者の様態や希望に応じて、随時、泊まりや訪問サービスを組み合わせて受けるサービス
【認知症対応型共同生活介護】 認知症の方が共同生活を営む住居(グループホーム)において、入浴、排泄、食事等の日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービス
【地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護】 入所定員が29名以下の小規模な介護老人福祉施設に入所して、入浴、排泄、食事等の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理、療養上の世話を受けるサービス
【看護小規模多機能型居宅介護】 小規模多機能型居宅介護と訪問看護を組み合わせて受けるサービス

施設サービス

【介護老人福祉施設】 特別養護老人ホームに入所して、入浴、排泄、食事等の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理、療養上の世話を受けるサービス
【介護老人保健施設】 介護老人保健施設に入所して、看護、医学的管理のもとにおける介護、機能訓練等の医療や日常生活上の世話を受けるサービス
【介護療養型医療施設】 介護療養型医療施設に入院して、療養上の管理、看護、医学的管理のもとにおける介護や機能訓練、その他必要な医療を受けるサービス

 

介護保険と地域包括ケアシステム

1. 介護保険とは

高齢になると病気等により、介護が必要になることもあります。自分や配偶者・親族に介護が必要になったとき、家族だけでなく誰かの助けがないと大きな負担となることでしょう。
そこで、40歳以上の人たちで保険料を払い、いざ介護が必要になったときでも、介護をする家族の経済・体力・心の負担を軽くし、支え合おうと生まれたのが「介護保険」です。
介護保険制度のながれ概要はこちら

2. 地域包括ケアシステムとは

介護保険制度のようにみんなで支え合おうという考えは一緒ですが、地域包括ケアシステムとは地域の病院・介護施設等の医療機関や団体が医療・介護・生活支援をその地域に住む高齢者のもとに一元的に提供するしくみのことです。高齢者の進展度や地域の特性に応じて、各自治体が主体となり、独自の制度づくりが必要となります。

 

careimg_01

 

当事務所が目指すもの~地域包括ケアシステムの実現に向けて~

厚生労働省においては、「2025年(平成37年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています」と明記しています。
「オフィスたいよう合同会社 西田ケアマネ事務所」でも同様に、広島県内23市町、125生活圏域にそれぞれの地域包括ケアシステムを構築し、「医療・介護・生活支援等が、地域のお住まいに届く」ことを目標に精進してまいります。

 

PAGETOP