経営の視点を持ったマネジメント研修

2016/11/15 │ 未分類

平成28年11月10日(木)に広島県社会福祉協議会主催の研修が行われました。

今回は3回連続研修のうちの第2回『人材マネジメント編』に講師として招かれました。

 

福祉業界全般では、多くの事業所が抱える人手不足解消が喫緊の課題であることは

既知のことでしょう。

実態とは異なる悪いイメージのみが先行し、希望者が減り、採用難に陥っていることも

さることながら、1年未満の早期離職も多く、恒常的な職員の不足感に繋がっているようです。

またそれに伴う補充のための頻繁な新規採用も、その都度、新人教育していかねばならない

現場の疲弊を招き、悪循環の一部になっています。

 

2015年の介護労働実態調査で、現場職員の多くが離職理由として「人間関係」

「組織の運営のあり方に不満」を挙げているに対し、「賃金等の待遇面の悪さ」が原因であると

事業所は感じており、双方の認識に相違があることが明らかにされました。

そこで、人材の定着という観点から、職員が求める「やりがい」「安定」「適切な労働環境」を

具体的な事例から検討していき、組織運営に必要な労務管理、人事制度の基礎知識を学び、

後半は「職場のモチベーションをあげるには」という切り口でアプローチし、

グループワークを行いました。

 

6時間におよぶ長時間の研修でしたが、ご参加の皆様は熱心にご聴講くださいました。

PAGETOP